複利馬券術

回収率馬券術

稼動指数に最適な単勝オッズフィルタ

稼動指数 1 位の馬の成績が少し低調になってきています。

しかし、稼動指数に波があるのは例年通りで、昨年までの重賞の成績と傾向はそれほど変わりません。

今年から、対象レースが増えたので収支の増減のリズムは早くなっていますが、ここまで回収率 130% 近くはキープできています。

昨年は稼動指数をメルマガで配信していましたが、そこでは以下の注意文言を付けていました。

  • 単勝3倍未満の場合は買わない

今回は稼動指数 1 位の馬の単勝を購入する場合のオッズと期待度について書いてみたいと思います。

「複利馬券」や「無駄馬券を買わない意識改革」について興味がある方は以下を先にご覧ください。

目次

意外と多いダントツ1番人気

稼動指数 1 位の馬をチェックしてみると、意外にも人気馬は多いです。

穴馬券が回収率に貢献しているのは間違いないですが、人気馬が資金を支えている一面もあります。

しかし、競馬は 1 番人気の勝率が 33% 前後ということで、人気馬ばかり買っていても儲かりません。

しかも、平気で 1 倍台の馬も飛びますからね・・・。

稼動指数の場合は 1 着を当てる単勝で高回収率を達成している馬券術なので、さらなる回収率を考えると人気馬の取捨選択が必要になってきます。

よって、以前と同じく単勝オッズにフィルタを設ける必要はあります。

目安としては5倍

これを下回る馬が指数 1 位の場合は「見(ケン)」することをオススメします。

要はそのレースを買わないということですね。

オッズの上限にもフィルタは必要なのか

下限が決まるなら上限も決まる?

今年の稼働指数の最高配当は、2 月 13 日の小倉 6R でマコトガラハッドが叩きだした 8,930 円になります。

昨年までの 3 年間の重賞レースにおいても単勝万馬券は出ていません。

今年のように平場のレースも対象にしていたら出現していた可能性はありますが。

ただ、人気薄の馬のオッズは締め切り近くに大きく上がる傾向にありますし、前日買いをしていると人気馬に比べてオッズが読みにくくなります。

また的中した時の回収率が大きいので、上限オッズに関しては決めない方がいいです。

単勝は最大で 18 通りなので、3 連単のように組み合わせが果てしなく多いわけではないですからね。

月単位で回収率100%を超える馬券術

今回は、2018 年に活躍しているメルマガや情報配信商品を紹介します。

月単位で回収率100%

レジまぐには数ヶ月連続で回収率 100% を超える人気メルマガがいくつもあります。

どうしても馬券で儲けたい、当たらない週末が嫌だという方は必見。まずは自分の興味のある理論で予想展開されているメルマガを探してみてください。
※レジまぐは初月無料も多く収支が明確に公開されています

競馬予想一覧はこちら

極選競馬投資法

資金1万円から1000万円を目指すといったように、当サイトでも推奨している複利馬券と同じ部類の投資理論とソフトになります。

実際に使用してレビューを書いてみましたので興味のある方はご覧ください。

極選競馬投資法のレビューを見る

その他の人気記事

注意事項

このコンテンツでは様々な馬券術により、指数や期待度の高い馬を算出して公開しているだけであり、当該週の競馬の結果を保証するものではありません。興味のある馬券術について理解を深めたり情報交換するものでありますので、馬券の購入は自己責任でお願いします。

また、各指数や選出馬においては、限りなくルールに従い正確な値が算出されるように注意を払っておりますが、完璧な数値を保証するものではなく、意図せず間違った数値になっている可能性がありますので、ご了承ください。

TOP