複利馬券術

稼動指数アレンジで儲かる馬券術

ハイブリッド指数と前後半の3ハロンタイム

馬券術ハイブリッド指数と前後半の3ハロンタイム

ハイブリッド指数と前後半の3ハロンタイム

「ハイブリッド競馬新聞」はネット上で閲覧できる競馬新聞で有料(2017年現在、月額1,000円)です。

出走する各馬についての前半の 3 ハロンの推定タイムと後半の 3F の推定タイムと順位を算出した結果が付いている新聞です。

提供者のブログもあり、実戦での活用方法も細かく回顧で紹介されていてよく分かります。

実際の競馬における結果(成績)を集計してみると、確かに逃げた馬と上がり最速の馬の単勝と複勝の回収率は毎年確実に 100% を余裕で超えます。

これは TARGET などで実際に集計してみるとよく分かると思います。

しかし、レースで逃げる馬や、最後に脚を使える馬は何となく想像できても、なかなか思った通りの結果にならないものです。

そこで、これまでの馬の実績に補正を加えて算出されたものが「推定3F」と呼ばれハイブリッド競馬新聞に掲載されています。

これを役立てると勝ち組に少し近づきますが、「少し」と書いたのには理由があり、この前後半の推定 3F で 1 位になっている馬を買い続けても残念ながら回収率は 100% を超えないからです。

しかし、単純に 1 番人気の単複を購入するよりは大きな回収率を叩きだしていることは素晴らしいと思います。

何しろ、目的がハッキリしている指数なので使い勝手がいいですね。

競馬場別のコースや距離による指数の成績も書籍や TARGET のデータで確認することができますし、その週の競馬場の馬場傾向に合わせて、先行馬がいいのか、上りの速い馬がいいのかを狙いやすいです。

目次

ハイブリッド競馬新聞のブログ

冒頭で紹介した「ハイブリッド競馬新聞」ですが、他にも独自のハイブリッド指数という数値も掲載されており、前後半の推定タイムとは別に勝ちに近い馬の順に指数が振られています。

この指数については思わぬ人気薄が指数上位で馬券圏内に突っ込んでくることもありますが、大体は人気上位馬が印を占めることが多く、競馬新聞の印と似たような部分があります。

連勝中で有力馬とされていても、実績(レース数)の少ない 3 歳馬と古馬が混ざる時期など、3 歳馬の数値が異常に低くなることがあり、クラス間の補正はされているものの使用するのが難しいレースもあります。

推定のタイムをベースにハイブリッド指数を組み合わせるのが使い方としては良さそうです。

じゃあ、何のための新聞?って思われるかもしれませんが、この前後半の推定 3F で 1 位になった馬を狙うレースを限定することが的中率と回収率アップの近道となります。

ハイブリッド競馬新聞

指数だけでは勝てないが参考には十分

具体的には、この新聞を発行している方の著書を読まれるとグっと理論に共感できると思いますが、競馬場のコースや距離によって傾向があり狙えるレースと狙えないレースが分析されています。

実は、この推定 3F の 1 位の馬、回収率が低いコースはあるものの、高い的中率はあります。

回収率は人気(オッズ)とのトレードオフになりますが、的中率が高いだけに単複では単純に狙えないけど馬券圏内からは外せない馬だとは言えます。

例えば、直近のレースを参考にすると、推定後半 3F の上位の馬で決着することの多いローズ S が分かりやすいです。

このレース、推定後半 3F で 1 位のミッキークイーンから推定後半 3F の 2~4 位の馬に流しました。

また、3 連単で上位 3 頭の馬(Aとする、タッチングスピーチとアンドリエッテ)から 4,5 位(クイーンズリング、レッツゴードンキ)と前半推定 3F 1 位のシングウィズジョイ(B)へのフォーメーション(A => A=> AB)を買ってみました。

結果、馬連・馬単は的中しましたが、前後半の推定 3F で上位 5 位にも入らなかったトーセンビクトリーには手が回らず・・・。

トーセンビクトリーの上りはメンバー中 3 位でしたが、上位 2 頭との差は大きく、この上位 2 頭の推定後半 3F の信頼度が大きかったということでしょう。

とにかく著者の馬券選択術がすごい

このように、前後半の推定 3F 1 位に限らず、上りの傾向が強いレースには推定後半 3F の上位馬の連複馬券を狙ったり、前残りの傾向が強いダートの時は推定前半 3F の馬を狙ったりと狙いが定まってくるのは馬券術として考えた場合にブレがなくていいと思います。

個人的には未勝利戦や 2 歳戦などデータがあまり揃ってない(充足率が少ない)段階では活用をしないことを進めたいですが、著者のブログを見てわかる通り、この新聞を活かして毎週多くの的中を紹介している実績から、皆さんがお持ちの馬券に対する知識と組み合わせることで的中率も回収率もアップできるものだと思います。

参考カテゴリ

短縮ショッカーのおさらいと逆ショッカーへの期待

短縮ショッカーのおさらいと逆ショッカーへの期待

最近は、逆ショッカーの該当馬を期待してみていますが、そもそも短縮ショッカーとどちらが期待度が高いのか考えていませんでした。 もちろん、逆ショッカーが後者として登場したことからも、的中率や回収率を...

馬券術 / 短縮ショッカー

>>記事を確認する

競馬と馬券予想を多角的に考えて楽しい競馬ライフに繋げる

【函館】芝1800mの馬券攻略データ

【函館】芝1800mの馬券攻略データ

函館競馬場で行われる、「芝1800m」のレースについて、傾向が大きく出そうなファクターで分析してみます。 洋芝で直線の短いコースですので、パワーがあって先行できる馬を狙いたいですね。 枠番別のデー...

馬券攻略 / コースデータ

>>記事を確認する

【函館】芝1200mの馬券攻略データ

【函館】芝1200mの馬券攻略データ

函館競馬場で行われる、「芝1200m」のレースについて、傾向が大きく出そうなファクターで分析してみます。 洋芝で直線の短いコースですので、パワーがあって先行できる馬を狙いたいですね。 枠番別のデー...

馬券攻略 / コースデータ

>>記事を確認する

逆ショッカー候補リストを公開しました

逆ショッカー候補リストを公開しました

単撃と同時に購入した「短縮×逆ショッカー」の書籍。 競馬王の雑誌に連載されているので、2017 年に入ってから存在は知っていました。 しかし、短縮ショッカーや長距離ボンバー、「Mの法則」に該当するリ...

馬券術 / 短縮ショッカー

>>記事を確認する

注意事項

このコンテンツでは様々な馬券術により、指数や期待度の高い馬を算出して公開しているだけであり、当該週の競馬の結果を保証するものではありません。興味のある馬券術について理解を深めたり情報交換するものでありますので、馬券の購入は自己責任でお願いします。

また、各指数や選出馬においては、限りなくルールに従い正確な値が算出されるように注意を払っておりますが、完璧な数値を保証するものではなく、意図せず間違った数値になっている可能性がありますので、ご了承ください。

メルマガ