稼動指数や卍指数で儲かる馬券術

稼動指数や卍指数で儲かる馬券術

稼動指数や卍指数で儲かる馬券術について

単勝回収率200%超えの稼動指数でプラス収支

このサイトでは、稼動指数という名前の競馬予想に使える指数について紹介しています。稼動指数は、2009 年に「サカグチ式稼動指数」が雑誌で紹介され広まりました。後に単行本まで発売されるほど注目を浴びたと聞いています。

そんな稼動指数を知ったのは、それから 6 年後の「サカグチ式稼動指数 Ver2015」が再び雑誌に掲載された 2015 年の 10 月。私が購入した時は袋綴じ扱いでしたが、11 月に発売された雑誌では雑誌内にページが割かれて紹介されていたので立ち読みされた方も多いと思います。

実際に予想手法や実績を見た方はわかると思いますが、発想が安易なだけに現代競馬に通用するのかと疑いたくなりますが、高い的中率の安定感と、定期的に飛び出す高配当で大きな回収率を叩き出しています。また、この理論が気になり、2009 年に発売された単行本も合わせて読んでみました。

使える理論だけど計算が少し面倒だという人のために、このサイトでは指数を計算した出走表を毎週紹介していきます。

指数付き出走表の一覧

新バージョンの指数を計算した簡易出走表を公開中です。対象レースは稼動指数と相性の良い重賞レース(2,3歳戦を除く)のみとしていましたが、出走表については 2016 年の 4 月 3 日から特別レースはすべて紹介することにしました。

レースを絞ることで参加する機会が減ってしまいますが、その分、連敗確率も減りますし、余裕を持った資金で複利馬券にも使えると思います。

馬券が好きな人は 1 レースから購入する人もいるでしょうし、午後からや特別レースからという人もいると思います。また、荒れそうなレースだけ狙いたいという人もいるでしょう。ただ、この稼動指数の性質上、2015 年以降の成績を見ると、重賞レースで良い結果が出ているので平場のレースの出走表を紹介しないことについてはご了承ください。

稼動指数の対象レースと新旧バージョン

的中率や回収率の高い稼動指数ですが、2009 年に発表された旧バージョンと 2015 年に公開された新バージョンで、指数の計算方法や馬券の購入方法が変更されています。旧バージョンでも抜群の回収率でしたので、そのままでも良かったと思いますが、買い目の点数でいくと新バージョンの方が少なくなり、回収率もさらに期待できそうです。

しかし、旧バージョンの検証データが 10 レース以降の 3 レース、新バージョンに関してはメインレースのみとなっています。また、2 歳戦や少頭数のレースは除外するので、対象となるレース数は少ない馬券術です。理論を後付けで集計したら、対象レースがこれだけになってしまったのか、そもそも集計対象が少ないのかそこまではわかりません。

そこで、新バージョンにおいて 2015 年の過去データを洗い出したところ、純粋に指数が 1 位になった馬が信頼できるのは「重賞レース(2,3 歳限定戦を除く)」になることが判明しました。

下記の表は、2015 年以降の購入シミュレーションの結果です。参考までに年単位の集計結果も掲載しています。購入シミュレーションの対象レースや購入方法は、上記に記載した通り、シンプルに指数の信頼度を図るため、新バージョンに合わせた理論で指数を算出し、その指数 1 位の馬の単複としています。詳しくは「稼動指数を使った馬券の購入方法について」を確認してください。

レース数が増えてきたら、「競馬場」「距離」などのファクターで絞り込みができるようにしたいと思っております。

稼動指数の的中率と回収率 全期間(2015年~)

※1000円ずつ購入した場合のシミュレーション結果です

購入 レース数 的中数 購入 払戻 的中率 回収率
単勝 130 29 130,000円 256,200円 22.3% 197.1%
複勝 130 58 130,000円 139,600円 44.6% 107.4%

稼動指数の的中率と回収率(2016年)

※1000円ずつ購入した場合のシミュレーション結果です

購入 レース数 的中数 購入 払戻 的中率 回収率
単勝 46 12 46,000円 86,900円 26.1% 188.9%
複勝 46 22 46,000円 43,000円 47.8% 93.5%

稼動指数の的中率と回収率(2015年)

※1000円ずつ購入した場合のシミュレーション結果です

購入 レース数 的中数 購入 払戻 的中率 回収率
単勝 84 17 84,000円 169,300円 20.2% 201.5%
複勝 84 36 84,000円 96,600円 42.9% 115%

稼動指数を使った馬券の購入方法について

ここで紹介する指数についてですが、稼動指数の計算方法と対象レースについては雑誌で紹介された計算式やルールと同じになります。ただし、オッズによるフィルタリングは考慮していませんのでご了承ください。

稼動指数における実際の馬券の購入方法ですが、新バージョンからは軸馬を決めることになっており、その軸馬も単勝オッズによって決定されます。せっかく指数が 1 位になっていても、軸馬にならない可能性もあるので注意が必要です。また、購入推奨馬券は「馬連」「馬単」「3連単」で単勝も回収率 100% を超えています。

指数 1 位が軸にならない可能性もあることについては、実際に勝率や連対率が人気に比例していることから仕方ない部分かもしれませんが、指数 1 位を尊重したいという思いから、このサイトでは指数 1 位の単複の購入シミュレーション結果を紹介していきたいと思います。

ただ、旧バージョンの購入方法が指数 1 位から 6 位までのボックス買いだったこともあり、2 位から 6 位までにも注意しないといけませんが、まずは指数 1 位が軸として使えるかが重要です。

このように、このサイトで掲載している購入シミュレーションは、馬連や馬単・3 連単ではなく、指数 1 位の馬の単複ですのでご注意ください。ただ、この単複の的中率や回収率から、軸馬として最適かどうかの判断になると思います。

また、購入シミュレーションの対象は「重賞レース(2,3 歳限定戦を除く)」ですが、2016 年の 4 月 3 日から特別レースの出走表を公開しています。シミュレーション対象外のレースは集計対象にしていませんのでご注意ください。

的中レース

注意事項

このコンテンツでは様々な馬券術により、指数や期待度の高い馬を算出して公開しているだけであり、当該週の競馬の結果を保証するものではありません。興味のある馬券術について理解を深めたり情報交換するものでありますので、馬券の購入は自己責任でお願いします。

また、各指数や選出馬においては、限りなくルールに従い正確な値が算出されるように注意を払っておりますが、完璧な数値を保証するものではなく、意図せず間違った数値になっている可能性がありますので、ご了承ください。